工夫すれば家事が楽になる

圧力を与えて調理する

食材に圧力を与えて、柔らかくするのが圧力鍋の特徴です。
おいしい料理を作れますし、圧力を与えている間は放置できる面がメリットです。
さらに普通に作ると時間が掛かっていた煮込み料理でも、短い時間で作れるという部分が魅力で圧力鍋を使う人が増えています。

これまで料理が面倒だと思って、していなかった人がいるでしょう。
しかし圧力鍋があれば簡単なので、ぜひ購入してください。
正しく圧力鍋を使えば、失敗しません。
ですから、料理の初心者にも向いています。
圧力鍋ではカレーや豚の角煮といった定番の煮込み料理から、蒸しパンやケーキなどのスイーツまで作れます。
自身の料理のレパートリーを増やすためにも、圧力鍋を使いこなしましょう。

カット野菜や冷凍野菜

スーパーやコンビニに行くと、すでに下処理が済んでいるカット野菜や冷凍野菜が見つかります。
料理の時短を目指している人は、このような食材を購入すると良いでしょう。
特に冷凍野菜なら、長時間食材の鮮度を維持できる面がメリットです。
また、生の野菜を購入するよりも安いと言われます。

ブロッコリーなら解凍するだけで、立派なサラダになります。
また冷凍野菜はスープ用や炒め物用など、用途が決められているものもあります。
様々なバリエーションの冷凍野菜を購入すると、何を作りたくなっても対応できるでしょう。
さらに最近は野菜だけでなく、果物も冷凍されています。
冷凍果物と水や牛乳を一緒にミキサーに入れて混ぜると、簡単にスムージーが完成します。