洗濯物をたたむ際の工夫

シワ伸ばしを意識しよう

これまでは、適当に洗濯物を干していた人がいるでしょう。
しかし、それではシワが残ってしまいます。
シワだらけの服を着ているのはみっともないので、着る前にアイロンがけをしなければいけません。
余計な手間が増えるので、最初からシワにならないように洗濯物を干しましょう。

きちんとシワを伸ばして、綺麗に干すことがコツです。
少し時間が掛かりますが、後でアイロンがけをするよりも手間を省けます。
またシワになりにくい素材の服も売られているので、それを積極的に着用するのも良い方法です。
そのように工夫して、楽に洗濯を終わらせてください。
ハンガーや洗濯バサミなど、洗濯に必要なものはすぐ取り出せるよう、まとめて保管するのも良い方法です。

たたまなくても良い

シャツやブラウスは、無理にたたまなくても良いと思います。
たたむと手間が増えますし、綺麗にたたまないと余計なシワができてしまいます。
ですからシャツやブラウスなどシワが付きやすい洋服は、ハンガーにかけたまましまいましょう。
スカートやズボンも、ハンガーにかけたままで大丈夫です。

すると手間を省けるだけでなく、クローゼットも綺麗に整頓できる面がメリットです。
たたむよりもハンガーにかけた方が、どこに何があるのか一目で把握できるでしょう。
今日はこの服を着ようと思ったのに、なかなか見つからないという事態を避けられます。
スカートやズボンは、洗濯バサミがついているハンガーを使ってください。
すると、ウエスト部分が伸びずに済みます。